女性ならではの脱毛症

SITE MENU

髭の永久脱毛情報紹介サイト

メイン画像のALT

産前産後のホルモンの影響を受けておこる「分娩後脱毛症」は女性ならではの脱毛症です。出産を経験した女性が通る道です。

女性ならではの脱毛症

脱毛症というと、AGA(男性型脱毛症)以外は男女問わず起こりうるものですが、女性限定の脱毛症もあります。

それが「産後脱毛症(分娩後脱毛症)」です。

出産後2ヶ月から半年程度経過した頃に突然髪の毛が抜けてしまうものです。

その名前の通り、出産を終えた女性にのみ見られる多量の抜け毛のことです。

「分娩後脱毛症」は字女性ホルモンの働きの変化によって起こります。

妊娠中は体内の女性ホルモンが増加します。

これによって本来なら抜けているはずの毛髪が抜けることなくそのまま成長してしまうのです。

しかし、女性ホルモンの増加自体は妊娠している間のみであるため産後は女性ホルモンが通常にもどります。

そうすると女性ホルモンによって維持されていた毛髪が抜け落ちて大量の抜け毛が起きるというわけなのです。

本来なら既に抜け落ちているはずの毛髪なので分娩後脱毛症は基本的に治療する必要がありません。

産後半年から1年程度で自然に症状が治まることがほとんどです。

しかし、しばらくたっても脱毛症に改善する気配がなく、さらに抜け毛が増えるような場合は注意が必要です。

妊娠によるホルモンバランスの変化が原因ではなく、別の原因がある可能性を考える必要があるからです。

ただし、回復するスピードには個人差があります。

産後は慣れない育児などでストレスも抱えがちです。

このストレスが原因でなかなか抜け毛が収まらないことがあったり、場合によっては円形脱毛症も同時に発症してしまう可能性も秘めています。

どちらにしてもホルモンバランスの乱れが原因で脱毛している場合であってもただ単にホルモンだけが原因なのではなく、出産前後の状況や精神的なものが大きく関係している場合も非常に多いと考えられています。

円形脱毛症の場合は長期間放置することは時に完治を難しくすることもありますので、長引いているなと感じたら早めに医師の判断を仰ぐのが少しでも早い回復につながるといえるでしょう。

関連サイト紹介…日本医学育毛協会/円形脱毛症

髭の永久脱毛情報紹介サイト Copyright www.wrestlingcia.com.All Rights Reserved.